快眠、熟睡を得るための音楽・お昼寝の効果

寝る前に快眠、熟睡したいという事で、ストレスが減少してリラックスする事がよいと言われています。

そのためにお勧めなのが音楽を聴くという事です。

それもハードロックの様なガチャガチャした奴ではなくて、ストレスが減少してリラックスミュージックの様なゆったりした音楽になります。

α波が出るヒーリングミュージックでリラックス

ベッドの上で本を読む女性の姿

そうした音楽を聴く事で脳波からα波が出ます。

α波が出ると心身ともにストレスが減少してリラックスした状態になりよい眠気を誘い快眠、熟睡へと繋がっていくのです。

CDショップに行くといろいろなヒーリングミュージックがありますので、是非見てみるとよいでしょう。

クラシック系、癒し系、ヒーリング系、いろいろありますのでお好みの音楽を探してみるとよいと思います。

ストレスが減少してリラックスミュージックには、気持ちを安定させてストレスが減少してリラックス状態に持っていく効果があります

快眠、熟睡にいざなう様にするためのメッセージ効果は、身体を横にしたら眠りにつける様にするための導入剤にもなります。

これによりとても落ち着いて安心した状態になり、不眠解消・快眠、熟睡効果、といったものが出てくるのです。

音楽だけで眠れるかというとよく分かりませんが、お風呂に入ったり照明を落としたり、本を読んだりしていろいろな快眠、熟睡作用が有る行いを一緒に行う事でより効果、結果を高める事が出来ると思います。

布団の中で本を読みながら音楽を聴く。

これだけでも十分に幸せでストレスが減少して、リラックスした時間が送れるのではないでしょうか。

快眠、熟睡は身体を十分に休めてくれる効果、結果がありますので、音楽を聴くだけで効果、結果が出るのであれば是非試してみたいものですよね。

お昼寝について

机でパソコンをして笑顔でこちらを向いている若い女性

昼寝って本当に気持ちよいですよね。

でも寝過ぎてしまうと、夜眠れなくなってしまうなんて事にもなりかねません。

そこで昼寝についてかお知らせしてみたいと思います。

お昼寝は仮眠・脳を休息させる

普通睡眠というと夜取りますよね。

夜の睡眠が足りなかったり日中に眠気が襲ってきたり、疲れを取ったりするために昼寝が効果、結果的だと言われています。

日中は活動する時間では有るのですが、人間の頭脳は起きている間いつでも活性化されているという訳ではありません。

適度に休息をとる事も必要なのです。

そうする事で脳と身体を休めて、また新たに活動する事が出来るのです。

但し、昼寝で熟睡をしようと考えてはいけません。

あくまでも仮眠という事を忘れないでください。

もし熟睡してしまうと夜眠れなくなってしまいますし、逆に身体がだるくなったりしてしまいますので注意が必要です。

お昼寝するときの注意

ここで昼寝をする時に注意事項をかかげてみましょう。

先ずは寝過ぎないという事、大体30分位を目安に寝るとよいと言われています。

昼寝ならばその位の短い時間でも快眠、熟睡でき、脳や身体も疲れが取れますよ。

この時コーヒーや緑茶などカフェインを取ってから睡眠するようにすると、覚せい作用が起きて目覚めやすいといいますので試してみるとよいでしょう。

後は夕方以降に眠らない様にして下さい。

日本では昼寝をする事がしにくい環境でありますよね。

でもお昼を食べた後って睡魔と闘わなきゃいけませんよね。

逆らっても負けてしまう事の方が多いと思いますので、お昼時間のちょっとした時間でも昼寝に当てたら快眠、熟睡でき、スッキリと午後仕事や労働が出来る様になりますよ。

睡眠と朝の食事について

バランスのよい食事

食事と睡眠はとても深い関係がある事は誰もが理解している事でしょう。

その中でも特に大事なのは朝の食事だって事を理解していたでしょうか。

朝の食事をとるという事は1日の活動を支える大事な活動源であり、生活体内生活リズムを立てるためにも大事な事なのです。

朝の食事が大切なわけ

それは分かっていても今の忙しい世の中、仕事や労働が不規則で遅くまで仕事や労働をしている人も多い事でしょう。

そうなると3食を同じ時間に食べるという事は難しくなってくると思うのです。

仕事や労働で疲労したからと言って、出勤する時間ギリギリまで眠って朝の食事を食べないで出掛けてしまうとこの体内生活リズムが崩れてしまい、活動源も無いという事になってしまいます。

ではそんな朝の食事と睡眠がとても大事だという事は何故かというと、朝の食事を食べる事で深部体幹の温度が上がっていき身体を活動できる状態にしてあげます。

そして夜になると自然と深部体幹の温度が下がってきて、眠りにつくという体内生活リズムを作り出してくれるのです。

さらに、睡眠の質も浅いのではなくて深い眠り、快眠、熟睡が出来ればさらに、いう事はありません。

快眠、熟睡出来ればさらに、体内体内生活リズムもよくなり、身体にとってもよいという事になります。

さらに、朝の食事を取らないと脳の働きも活性化しないので、ボーっとした状態になってしまいます。

こうした事を考えてみても魚、大豆、フルーツ等バランスがよい朝の食事を取れる様にする。

体内生活リズムを考えてしっかり快眠、熟睡する。

こうした事がとても大事だと思うのです。

出来ればですが旅館の朝の食事の様な食事が理想ですよね。