寝具の素材からの選び方・材質による布団の特徴

若い男性がベッドで寝ている様子

睡眠は人間が生きていく上で、とっても大事なものであることは、誰でもよく知っていることです。

良質な睡眠のためには、寝具が大変大きな関わりを持ちます。

そこで、よい睡眠をとるための寝具の選び方を考えます。

みなさんが使っている寝具の中で、ここでは、布団の選び方を見ていきます。

布団と言っても、いろいろな製品があります。

それは、布団の素材によって、様々に変わるのです。

羽毛(うもう)布団

白い布団をつかんでいる赤ちゃんの手

羽毛は水鳥の羽を原材料にして布団にしたものです。

ガチョウ、アヒルが代表的な羽です。

羽毛はダウンとフェザーがあり、ダウンの方が上質です。

通常、ダウンを羽毛といい、フェザーを羽根といいます

羽毛布団のいいところは、保温性に優れており、手入れも、割合に簡単です。

羊毛(ようもう)布団

それから、羊の毛を使用した羊毛布団があります。

掛け布団、敷布団どちらにも使われています。

吸放湿性が、動物の毛の中で、一番優れています

綿(めん・わた)布団

綿を原材料にした綿布団は、日本でも昔からあるものです。

現在では、綿布団の原材料のほとんどは、インド、パキスタンなどからの輸入に頼っています。

綿布団は、掛け布団にすると少し重いのが、欠点になります。

ですから、敷布団に使われることが多くなっています。

真綿(まわた)布団

それから、真綿です。

蚕の糸が原料となります。絹と同じ原料ですから、繊維の質が細くて、非常に柔らかく軽いのが特徴です

布団としては、非常に最高級な布団製品となります。

着物やドレスなどの、シルクのしなやかで軽い特徴を持った布団です。

非常に軽くて水分の吸放湿性に優れています。ですから、一年中使用できます

ポリエステル布団

最後に紹介するものが、ポリエステル素材の布団です。

これは、人工的に作られた合成繊維なので、お値段的には一番安くなります。

自宅の洗濯機でも洗うことがでます。

ダニや花粉のアレルギー疾患などを持っている人にとっては、布団を清潔に保つことができるので、健康面でもメリットとなります。

このように、布団の原材料による素材ごとに、メリット、デメリットがありますから、あなたの生活に合わせて、布団素材から、選ぶことが大切です。

シルクの寝具の扱い方は特に注意が必要

若い女性薄暗い部屋で就寝前

シルクを使った布団寝具は高級感があふれて非常に良いものです。

シルクを使った寝具を使う時の、色々な注意点があります。

非常に高級な布団となりますので気をつけたいところです。

取り扱われているほとんどのシルク布団の原料は、大半が輸入品です。

日本では戦前は、絹糸の生産が異常に盛んでしたが、今では、衰退してしまった産業の一つです。

ほとんどが外国からの輸入品になってしまいました。

絹糸の利点

絹糸は、夏は涼しく、冬は暖かい繊維の構造をしています

シンクつまり絹糸の構造がそのようになっています。

糸の構造が、三角形の構造をしており、それぞれの糸や絹糸の内部に空間ができ、吸湿性に優れています

また放湿性にもすぐれているので、気温の高い夏場に身につけても汗をかいても、すぐにサラリとした感覚になるのです。

また絹糸の繊維の間の空間が、保温層の役目になり、冬でも非常に暖かく感じます。

絹糸の欠点

絹糸は最初は、真っ白な糸ですが、年月が経つとともに黄色くなってきます

着物などでは、裏の白い絹の裏地が、古いものほど黄色くなっているものを見かけます。

これが絹つまりシルクの最大の欠点とも言えます。

この原因は紫外線によって変色してしまうからなのです。

絹の布団の場合は、紫外線になるべくあてずに保存することです。

保存状態の良いものは、この黄色になることを、防ぐこともできます。

シルク・絹糸のもう一つの欠点があります。

摩擦に非常に弱いというところです。

布団に使う場合でも、体と擦れたり、布団同士がぶつかりあって使うので、摩擦が起こります。

だんだんとカバーが破れてきたりして、中の物が飛び出てしまうとうことも起きます。

洗濯方法にも注意が必要です。

洗濯機などに入れてゴシゴシと摩擦を起こしながら、水の中で混ぜてしまうと縮んでしまいます。

静かな水流で中性洗剤での洗濯であれば洗濯が可能です。

洗濯機で洗うよりも 手洗いで洗うほうが、よりいっそういいでしょう。