睡眠にとって寝具は大切な役割

寝具は、いろいろな商品がありますが、人が眠る時に利用する大事なものです。

寝具の良し悪しによって、良い睡眠が取れるかどうかが変わってくるからです。

しっかりと睡眠が取れなければ、疲れが次の日まで残ってしまうのです。

短い月日であればまだいいのでしょうが、具合の悪い寝具を変えないで利用し続けていくことは健康的にもよくありません。

体温を保つための布団

体温を保つための布団

人の体は体温を一定に保つようなメカニズムを持っています。

また、衣服を着ることによって、身体の体温調節ができるのです。

しかし、睡眠中は自律神経のはたらきが弱まるために、体温調節の仕組みが鈍ってくるのです。

それら原因が寝具にあったりするのです。

勿論、必要な寝具は、住んでいる土地の気候と環境に関係してきます。

熱帯と寒帯では寝具の内容は、随分と違ってきます。

例えば、お腹を出したままで寝てしまうと、夜中に体が冷えて腹痛を起こしてバイオリズムが悪くなってしまう人はよく見られるんです。

暖かいところでも、腹部だけは適度な温度を保つような工夫が必要になるのです。

実は寝具を利用しているのは人間だけではありません。

何気なく知られているものとしてゴリラがいます。

ゴリラも布団使う

ゴリラは就寝する前に周りの葉っぱを使って寝床を作る

ゴリラは就寝する前に周りの葉っぱを使って寝床を作るのです。

霊長類にはこのような寝床を作る行動を取るものがいるのです。

さらに、ペットなどの寝具や寝床を準備してやる飼い主も多く見られます。

もともとは、犬や猫などは寝具を不可欠としません。

人間の話にもどると通常は、日本人が使う寝具としてはどのような製品があるでしょうか。

ベッド、布団、毛布、シーツ、枕、寝間着など様々あります。

もちろん全てを使用しているわけではありません。

健康から寝具を考える

健康寝具

健康寝具と言われる製品があります。

名称から、なんとなく想像できるのではないでしょうか。

腰痛や骨の障害などを直してくれるよいう布団です。

それらの効果のほどが、どの程度なのかは、よくわかりません、寝具が人間の健

康に大きく関係していることは間違いありません。

腰に痛みをもって患っている人にすこし考えてほしいことがあります。

腰痛には、リハビリで行う牽引が効くことは多くの人が知っています。

背骨をまっすぐにぐっと伸ばすこと

体を真っ直ぐに

背骨をまっすぐにぐっと伸ばすことは、人が毎日生活の中で背骨を圧迫していることと逆の動きなのです。

背骨を牽引して伸ばす姿勢は、寝たときの姿を似ています。

健康寝具という呼び方にも効果がいかにも、あるかのような感じがします。

堅めの布団がいいのか、柔らか目の布団がいいのかと言うことです。

十分で良質の睡眠を取ることができれば、翌日の目覚めは、スッキリして気持ちの良いものになります。

健康のためには、前の日の疲れを持ち越さないということが、大事なのです。

マッサージの機能が付属している椅子なども、健康器具の中には、販売されています。

マッサージで気持ち良くなったところで、普段の布団に寝ても効果はあります。

冷え症を持っている人の場合は、電気で温めるヒーター布団もあります。

特に冷え症の場合は、本当は、ヒーターなどを電気を使用すべきではありません。

人間がもともと持っている機能である身体の体温調節機能が、十分に働いて暮れないからです。

横になったときに心地よすぎる布団寝具も考えものだと言うことです。

適度な反発力と硬さを持った敷布団やベッドが、人間お背骨を真直ぐにするには重要なポイントです。

寝具と睡眠

ベッドを考えてみる

体調にとって深い眠りができるかどうかによって、その日の体調や気分が変わってきます。

誰でも良質の睡眠をとりたいと考えているはずです。

良質の睡眠のためには寝具とその環境が重要なポイントとなります。

それでは、どのような布団や枕など寝具を選べばいいのでしょうか。
ベッド選びについて、すこし考えてみましょう。

常識的なところでは、ベッドの大きさは、身長以上でなければなりません。

真直ぐ寝ることができなければ、それだけで良質の睡眠を妨げるのです。

寝具売り場などに行ったら、ベッドに寝転んでみるといいでしょう。

マットレスの硬さ柔らかさが重要だからです。

自分の体重とスプリングのちょどよい硬さがフィットしていなければなりません。

必要以上に沈み込むと背骨が、変な形で曲がりやすくなりますから、適度なちょど良い硬さが必要なのです。

また、夫婦でダブルベッドに一緒に寝る場合は二人の体重によって、振動が伝わってきます。

相手の寝返りが振動となって、良質の睡眠を妨げてしまうのです。

体の体重を分散させてくれる仕組みを持った健康的なベッドがいいベッドと言えますね。

ベッドの内部構造と性質

ベッドの内部構造と性質

ベッドの内部構造についても知っておきましょう。

一般にはベッドには、スプリングが内部に入っていますが、その上下には、マットレスが詰められています。

全身の体重を分散できて、振動をなるべく起こさないような構造が必要なのです。

人が横になるとお尻の部分が、もっとも重くなると言われています。

毎日の睡眠でマットレスのお尻の部分が、へこんで弱くなることがあります。

したがって、数か月毎に、上下を裏返して使用するといいようです。

また、汗をかきますから、吸湿性のベッドパッドはこまめに洗濯したいものですね。

シーツとマットレスの間にベッドパッドを忘れず敷いてください。

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です