快眠、熟睡したいという人が増えていますその理由は

快眠、熟睡したいという人が最近、増加している様に感じます。

快眠、熟睡を得たと感じる時には、眠りへの入りがスムーズである事、朝起きた際に熟睡したなと感じる事だと思います。

この2つを得るために快眠、熟睡のコツを知りたいという人が増加しているのです。

快眠・熟睡しにく現代の住環境

寝室にベッド

本当は快眠、熟睡を得るんだとしたら電気もテレビも無い、月の照明の明かりだけで自然と得られる物だと思うのです。

でも、そういう自然な流れでの快眠、熟睡は今の世の中とても難しいものかもしれません。

今の世の中、たくさんのストレスを抱えている人が多いですし、夜中になってもいろいろな照明の明かりがあり、気が休まらない状態と言ってもよいかもしれないのです。

そしてこの事が快眠、熟睡を妨げる元となっているのはいうまでも無いでしょう。

またストレスを解消しないままでいると眠りも浅くなってしまいますし、続けてしまう事で結果的に体調不良を起こしてしまう事にもなりかねないのです。

こうなってしまってからでは取り返しがつかなくなってしまいますよね。

こうした事からもお分かりいただけるかと思いますが、今、人々は快眠、熟睡を手に入れたい、快眠、熟睡のコツを知りたいと考えている人が増加しているのです。

凄く真剣に取り組んでしまうと更なるストレスになってしまうかもしれませんので、ちょっとした心がけ1つで今の眠りが快眠、熟睡に向かっていく様になるとしたら、是非試してみたい物ではないでしょうか。

そしたらストレスも体調不良も軽減に向かって気持ちがよい毎日を送れるかもしれませんね。

快眠、熟睡するためのちょっとしたテクニック

若い女性が布団で寝ている

病院に通ったり薬を飲んだりお酒を飲んだりしなくても、ちょっとした心がけ1つで快眠、熟睡を得る事ができます。

そのテクニックを簡単にご紹介してみましょう。

【体内時計を調節する】

夜中起きてしまって眠れないという場合、単純に体内時計が狂ってしまっている可能性が高いです。

そうなると適正な就寝時間になっても深部体幹の温度が下がっていないので、寝付けないという事象を起こしてしまうのです。

人の体内時計は25時間とされており、「朝日を身体に浴びる事で14時間後に眠くなる」という体内生活リズムになっています。

朝日を浴びるお勧めの時間帯は朝10:00までだそうです。

もし朝日をこの時間までに浴びない様な生活をしているのであれば、毎日1時間ずつ眠気が来る時間が遅くなっていき、快眠、熟睡とは程遠い眠りになってしまうかもしれません。

朝日を浴びて夜寝る3時間前は食べないとコントロール制御する。

これだけで快眠、熟睡が出来やすくなりますよ。

【食事の調整】

食事も快眠、熟睡にとっては欠かせない要素の1つです。

食べる物もそうですが、食べる時間帯はもっと大事な要素になります。

快眠、熟睡を得るためには就寝時に胃の中が空になっているとよいそうです。

胃を空にするためには、夕飯の消化吸収作業が終わっている必要があります。

食べ終わってから消化が終わり胃の中が空になるまで大体3時間位だと言われています。

ですから寝る3時間前からは食べない様にする

これが快眠、熟睡のコツなのです。

また日本人の体質的にお肉より和食の方が消化しやすい人が多いので、肉中心よりは根菜や野菜や魚と言った和食中心に心がけると、快眠、熟睡が得られやすいです。

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です