よい快眠、熟睡を・日ごろできる心がけと寝具について

睡眠という行為は、誰もが行う事ですが、眠りというのは起きている間の昼間の活動に対して、昼間に頭や身体を使う事で快眠、熟睡が得られることにになっているのです。

快眠、熟睡を得るために大事な事はやはり規則正しいリズムのある生活を送る事だと思います。

人間の身体には体内生活リズムがあります。

ですから生活リズムを狂わせ、遅くまで夜更かしや徹夜と言った行いは体内生活リズムを狂わせ次に寝た時に快眠、熟睡を得にくくさせます。

また、休みの日になると日中の昼まで寝だめしようとする人がいますが、これも体内生活リズムを狂わせるのであまりお勧め出来ません。

休みの日は普段より、ちょっとだけ寝坊するとか、影響の少ない程度にしておいた方がよいでしょう。

より快眠熟睡を得るために

ストレッチヨガをする女性

快眠、熟睡は規則正しいリズムのある生活の中で出来れば手に入れたいと思うのですが、さらに、よい快眠、熟睡を得るためには、寝るちょっと前に軽いストレッチをすると代謝がよくなって、よい快眠、熟睡が得られる様になると思います。

いつでもそうですが、寝ている間でも呼吸をしている事で、軽い有酸素運動をしているのと同じ事になります。

有酸素運動をする事で血液内に有る脂肪が燃焼されやすくなり、体脂肪が付きにくい身体作りが出来る様になるのです。

寝る前に軽い運動をする事で身体の筋肉の代謝が上がり、有酸素運動を有効的な物にしてくれます。

ダイエットという意味だけじゃなく、軽いストレッチを毎日するだけで身体の健康的な身体と快眠、熟睡が得られるのですから気分もよいと思いますよ。

快眠、熟睡は人間にとってかなり大事ですので、自然と快眠、熟睡が出来る様に意識を向けてみましょう。

快眠、熟睡を得るための枕

暗い部屋ベッドルームベッド二台

心地好い快眠、熟睡をするためには、枕はとても大事なアイテムの1つだと思います。

最近、ストレスを感じる人が増えてきました。

そのために心身共に安心して快眠、熟睡したいと思っていたとしても出来ない人が増加しているのです。

快眠熟睡は、日中使った脳を休ませるためにもとても必要な事なのです。

そのためには、枕選びをするのも大事なポイントの1つだと思います。

自分に合わない枕を使っていると、肩凝りも出て来ますし、寝付けなくなりますし、目覚めも悪くなる様な気がします。

あっていない枕は安眠できない

こう言った症状に該当するなと思ったら枕を変えてみてはいかがでしょうか。

快眠、熟睡を得るための枕の条件としては枕の素材、高さ、硬さ等も挙げられますが、寝る体制によっても選ぶ枕が変わってくるのです。

適度な枕の高さとは、頭が優しく枕に乗っかっている高さがよいようです。

枕の硬さとか素材とかは好みに個人差がありますので、実際に触ってみてお好みの枕を見つけてもらうとよいでしょう。

ただし、硬さは柔らか過ぎず硬すぎずというのがよいですね。

適度じゃないと快眠、熟睡の妨げになります。

購入する前に実際に頭を乗せてみて確かめて、納得した上で購入する様にしましょう。

古くなった枕も安眠を妨げる

また、よい枕でも使っていくうちに臭いが付いて来たりダニが付いてきたりしてしまいます。

枕を不潔にしたままだと快眠、熟睡や安眠はやはり得られません。

枕カバーを洗ったり、お日様にあてて日光消毒したりして枕を清潔に保つ様にしましょう。

よい枕を選んで快眠、熟睡出来る様にしましょう。

快眠、熟睡を得るための布団選び

若い女性ベッドで寝ている様子

心地よく快眠、熟睡していただくために布団選びというのはとても重要な物になります。

布団は自分の身体に合っていて優しいのが一番だと思います。

ベットパットはおすすめです

もし今寝ている布団が硬いと感じている場合は薄手のベッドパッドを敷いてみてください。

素材は羊毛がお勧めです。

こうする事で身体の重さや圧力が布団に分散されますので、硬さを和らげる事ができます。

掛ふとんは羽毛か羊毛がおすすめ

掛け布団に関しては重過ぎず、身体に圧迫感をかけない物がお勧めです。

羽毛や羊毛と言った軽めの掛け布団がよいでしょう。

布団を購入する際、テレビの通販で購入する方もいますが、実際に布団に触って感触を確かめて購入するとよいでしょう。

また寝相が悪くて困るという人もいますが、同じ体制で長時間寝ていると、血流が悪くなってきます。

身体の健康的な方は自然とそれを防ぐために、寝返りを何回か繰り返しているそうです。

季節によってふとん内の温度を調節

また季節によって布団の素材を変えるというのもよいそうです。

例えば羽毛布団だけだと何か中が蒸れるなと感じたら、タオルケットを1枚中に入れるだけで、汗をタオルケットが吸収してくれて心地好い眠りが得られます。

また、私は冷え症だから靴下を履いて寝ないと眠れないのという人がいますが、靴下を履いて寝るのはあまりお勧め出来る物ではありません。

寝ている際、足裏から汗をかいて深部体幹の温度調節をしているからです。

靴下で足裏を覆ってしまう事で深部体幹の温度調節がちゃんと出来なくなってしまうのです。

レッグウォーマー等を使って、出来るだけ素足で寝る様にした方が快眠、熟睡的にはよいと思います。

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です