もしかしてあなたは隠れ不眠症(Insomnia)かも・薬に頼らず解消する方法

毎日ちゃんと睡眠をとっている人は、まさか自分が不眠症(Insomnia)だとは思わないですよね。

でも睡眠をとっているはずなのに、昼間の時間物凄い眠気に襲われたり身体のだるさを感じたりしているならば要注意です。

あなたは隠れ不眠症(Insomnia)かもしれません。

ちゃんと睡眠をとっているのに日中眠気が襲ってくる方はきっと熟睡、快眠出来ずに睡眠が浅いのではないかと思うのです。

これだと身体も脳もきちんと休めない症状のままなので、不眠症(Insomnia)の一つとなるのです。

隠れ不眠症(Insomnia)はどうしておこる?

不眠で頬杖をつく女性

こうした症状になるのは交感神経が関係していると言われているのですが、交感神経は身体や脳が活発に働けるようにする神経の事で、逆に身体や脳を休ませる為に動く神経のことを副交感神経と呼んでいます。

昼間の時間の活動時間帯は交感神経が、夜の寝る時間帯は副交感神経が活発に動くのが、バランスが取れているという事なのです。

通常は交感神経から副交感神経への切り替えがスムーズにいくので、きちんと眠れるのですが、昼間の時間運動をし過ぎたり働きすぎたりして、交感神経をいつも以上に興奮症状にしてしまうとなかなか交感神経が修まらず、副交感神経への切り替えがスムーズに出来なくなり、睡眠の妨げになる事があるのです。

浅い睡眠の不眠症(Insomnia)改善策

考え方の一つですが、睡眠が浅いタイプの不眠症(Insomnia)の解消手段として質より量でやってみる必要があります。

睡眠時間が足りないので不眠症(Insomnia)になっているというなら、いっそのこと直ぐにでも睡眠時間を補ってしまえば良いと思うのです。

隠れ不眠症(Insomnia)の解消手段の一つとして是非試してみてはいかがでしょうか。

不眠症(Insomnia)の解消手段【薬以外】

 

パソコンを開いて窓の方をぼうっと見ている女性

病院に行って不眠症(Insomnia)の治療をしようとすると、大体は睡眠薬、睡眠導入剤を処方されて眠らせるという薬物治療が主になってくると思います。

しかし睡眠薬、睡眠導入剤を服用する事に抵抗を感じる方も、少なくないのではないでしょうか。

そこで睡眠薬、睡眠導入剤以外で出来る不眠症(Insomnia)の解消手段をご紹介して見ましょう。

薬以外で不眠症を解消する方法

生活環境を整える

先ずは睡眠に適した生活環境を整えてあげる事です。

食生活や生活サイクルのリズムが、バラバラにならないようにしていきましょう。

真夜中まで目が覚めていないとか、遊び歩くのを控えるとか、生活習慣で適さない所は見直して解消して行くようにする事が大切なのです。

リラックスする

笑顔で食事する若い女性

そして生活環境を整えるのと同じように、リラックスする事も大切になります。

不眠症(Insomnia)になってしまうとその事がどうしても気になってしまい、思いつめたり身体的、精神的ストレスに感じたりしてしまう事があります。

そうなると身体も緊張してしまって余計眠れなくなるかもしれません。

その為に常日頃からリラックス出来るように心がけるようにしましょう。

手段としてはゆったりお風呂に入るとか、アロマの香りをリラックスして楽しむとか、照明器具を眠気が誘うような感じにしてみるとか、音楽を聴くとか良いかもしれませんね。

ご自分に合うリラックス手段を見つけましょう。

不規則な生活の場合の対処法

また仕事の関係で昼と夜が逆転したり、不規則だったりする生活を送っている方もいるでしょう。

こうした場合は、高照度光療法という物があります。

これは光を当てる事で、身体のリズムを本来あるべき生活サイクルのリズムに戻していこうという物になります。

こうして見ると薬を飲まなくても解消出来る手段はたくさん有りますので、お医者さんに相談して見て試してみると良いでしょう。

不眠症(Insomnia)の解消手段【寝具を変える】

寝具と不眠症(Insomnia)は深い関係があると言います。

何だか最近眠れないなと感じたら、あなたが使っている布団や枕などの寝具を見直してみるのも一つの解消手段となります。

理想的な寝具

若い女性が布団で寝ている

では理想的な寝具とはどんなものなのか見てみたいと思います。

理想的な寝具とは、自身の身体にフィットすること、これがいちばんだと思います。

睡眠中は何度も寝返りを打っています。

身体の向きを変える際に布団やマットレスが身体に合っていないと、寝心地が悪くてリラックスして眠ること出来なくなるのです。

こうしたことから考えてみると、入眠時に身体にフィットするのは当然ですが、寝返り時にも身体がフィット出来る布団、枕など寝具を見付ければ良いと思うのです。

身体にフィットするってどういうこと?

では何をもって身体にフィットすると判断すればいいのでしょうか。

最初の見直したいのは枕ですね。

枕の見直し

枕は、頭や首を支えるので高過ぎても低すぎてもいけません。

高さ4センチ位が頚に負荷が掛からず良いと言われています。

枕の素材は低反発やそば殻等いろいろ有りますが、これはご自分の感性で気持ち良いものを選ぶと良いでしょう。

自分自身では上手く選べないという方は、最近枕を選んでくださるショップも有りますので相談してみると良いですよ。

布団、マットレスの見直し

枕が決まったら次は、布団、マットレスですね。

敷き布団、マットレスを選ぶ際には、柔らかすぎない物を選ぶようにしましょう。

掛け布団は放湿性がたかいものを選ぶようにしましょう。

これは汗を溜め込まないようにする為です。

汗が発散出来ると、睡眠時に快適に眠る事が出来ます。

オススメは羊毛布団か羽毛布団ですよ

不眠症(Insomnia)の改善の為に一度寝具を見直してみるのも良いですよ。

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です