快眠をえて不眠症を改善しよう

不眠や不眠症(Insomnia)で悩んでいる方って結構多いですよね。

解消出来るものなら解消して、快眠を得たいと思いませんか?

そこで快眠を得る為の不眠症(Insomnia)の改善手段を、ご紹介して見たいと思います。

不眠症を改善し快眠する方法

温泉にはいってリラックスしている女性

基本的な事と言ったら、身体を冷やさないという事です。

身体が冷たいと熟睡、快眠を得る事は難しいですし、寝入るときの寝つきも悪いです。

冬であればお風呂に入るなり暖房機器を使うなりして、身体を温めると良いですし、夏場でも冷房のかけ過ぎに注意したり冷えた食品を摂り過ぎないようにして身体を冷やさないようにする事が大切となります。

身体の内側から温める

そして身体を温める為にも、身体の内側から温めるように心がける事も大切ですね。

身体の内側から温めるようにする為には、食生活を見直してみましょう。

刺激が強い物、冷えた食品は避けて温かい物を摂取、吸収するようにしてください。

そう心がける事でおおいに変わってくると思います。

そしてお風呂にゆったり浸かるのも良いでしょう。

半身浴で身体を少しずつ温めていくようにしてくださいね。

熱すぎるお風呂は却って寝入るときの寝つきが悪くなる場合もありますので、注意して下さい。

こうして身体を温める事でリラックス出来ますし、身体の血行が促進されます。

その症状で布団に入ると、眠気が自然と襲ってきて眠れるようになりますし、熟睡、快眠も得られやすくなります。

熟睡、快眠できると快眠もしやすいです。

快眠が得られると寝起きもスッキリ出来るので、日中元気に働く事が出来ます。

良い事尽くめなので快眠を得る為に身体を温めることを心がけてみましょう。

不眠症(Insomnia)の解消手段【ホットミルク】

 

ホットミルク

ホットミルクを呑むと不眠や不眠症(Insomnia)の改善に効果的であると言われています。

熱いよりは人肌程度の物が良いらしいのですが、何故ホットミルクが不眠症(Insomnia)の改善に効果を出すのでしょうか。

睡眠を促す成分としてセロトニンという成分があります。

牛乳にはトリプトファンという成分が入っていて、飲む事で体内でセロトニンを増やしてくれる効果を発揮するのです。

またセロトニンは砂糖を入れる事でも体内で増えますので、ホットミルクに砂糖を少し入れると更に効果を期待出来るのです。

睡眠の質を改善する牛乳

また牛乳はとても睡眠に関して良い効果を出します。

その1つがカルシウムです。

イライラ解消にも良いと言われていますよね。

またたんぱく質には鎮静作用が有りますので、ミルクを飲むだけでリラックス効果も期待出来てしまうのです。

それならば冷たいミルクでも良いんじゃないかと思ってしまいますが、冷たいまま飲むと胃を刺激して覚醒させてしまいます。

そうなると眠れなくなる場合も有りますので冷たいミルクは止めた方が良いのです。

不眠症(Insomnia)の解消手段として飲むのであればリラックス効果や睡眠導入効果が出るように人肌に温めたホットミルクを飲むようにしてくださいね。

また同じ温かい飲み物であってもコーヒーやお茶はカフェインが入っていて覚醒作用が有りますので避けてくださいね。

また眠るためには、胃に負担がかからない程度に適度に食べておく事も必要です。

不眠症(Insomnia)を解消させる為の手段としてホットミルクを飲んでみてはいかがでしょうか。

不眠症(Insomnia)の解消手段【眠れる生活環境作り】

若い女性薄暗い部屋で就寝前

眠れる生活環境を作ってあげる事も不眠症(Insomnia)の改善には大切な事になります。

不眠症(Insomnia)は決して永久に続く物ではないということを、頭に入れて対策していくようにしてくださいね。

眠れないと不眠の症状に陥った場合、ずっと眠れないのではないかと身体的、精神的ストレスに感じてしまう事があります。

身体的、精神的ストレスを感じたままにしておくと睡眠の症状が悪化して不眠症(Insomnia)に発展してしまう可能性も出てくるのです。

ですから不眠症(Insomnia)は永久には続かない、いつか解消されるんだという意識を持つ事から不眠症(Insomnia)の改善を始めていくと良いでしょう。

眠れる環境とはどんな環境?

また心構えで眠れる生活環境を作ってあげる事も大切ですが、毎日の生活においても眠れる生活環境を作ってあげる事が大切です。

先ずは寝室を見てみてください。

布団や枕、カーテンの色等、リラックスして眠れる色であるか確認してみてください。

また照明器具の明るさ枕の高さ布団の固さ等も睡眠には影響しますので見直してみると良いでしょう。

寝室以外の眠れる環境づくりも

バランスのよい食事

また身体的、精神的ストレスが病気の原因となって不眠となっている場合はリラックス出来るようにお風呂に入ったり、音楽を聴いたり、本を読んだりしてイライラを静めるようにすると良いですよ。

また食生活においても偏ったままではなくて、野菜や魚等、バランスが良い食生活を送る事も必要なのです。

こうして眠れる生活環境を作っても不眠が解消されない場合は医師と相談をして治療と並行させて対策していく方が良いですね。

不眠症(Insomnia)の病気の原因や睡眠の症状は個人差があります。

医師に相談する事で適切な対処手段が見えてくると思いますので、眠れる生活環境作りの1つの手段として、捉えてみてくださいね。

不眠症(Insomnia)の解消手段【刺激物を避ける】

刺激物の摂取、吸収を避ける事で不眠症(Insomnia)の改善に繋がるってご存知でしたでしょうか。

主な刺激物としては、カフェイン、タバコ、アルコール等が挙げられます。

カフェインが含まれている物としたらコーヒー、紅茶、緑茶等が挙げられますよね。

これらを摂取、吸収する事で、逆に目が冴えてしまって眠れなくなる場合が有りますので避けた方が良いでしょう。

夜寝る前に何か飲みたくなったら、水やホットミルクを飲むと良いですよ。

刺激物アルコールの睡眠妨害

ウイスキーオンザロック

アルコールは寝酒という言葉がある位ですので、飲んで寝てしまおうという方もいると思うのですが、アルコールは寝入るときの寝つきが良くても熟睡、快眠はしにくく、真夜中にトイレ等にも行きたくなり、中途覚醒してしまう可能性も高いですので止めた方が良いですね。

刺激物タバコの睡眠妨害

次にタバコも刺激物なので不眠症(Insomnia)の病気の原因となると言います。

しかしタバコを吸う方はタバコを吸うからこそ、リラックス出来るんだと思っている方も結構多いのです。

しかしこの考え方は間違っていると言います。

何故ならリラックス出来ると感じているのは吸う際の行動が、深呼吸をしているのと同じだから落ち着いたように、リラックスしたように感じているだけなのです。

実際にタバコを吸うと脳に刺激が加わりますので覚醒してしまうのです。

そうなると入眠しにくくなります。

ですから寝る前の、タバコは止めた方が良いです。

刺激物は他にもある

また刺激物は何も食べ物だけに限った話ではありません。

テレビ、ゲーム、インターネット等も刺激物として扱われます。

これらは脳に刺激を強く与えるので寝る前1時間前には止めた方が良いですね。

夕食時も刺激物は控えて、代謝が良くなる食べ物、消化が良い食べ物をすすんで食べるようにすると不眠症(Insomnia)の改善に繋がってきますよ。

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です