不眠症(Insomnia)の解消について・原因を探して対応策を

不眠症(Insomnia)というのは一過性の物を除いて、悪化してしまうと完治させる事がとても難しくなる病気です。

たまに眠れないと感じる一過性の不眠、恒常的に毎日眠れないと悩んでいる不眠症(Insomnia)の方等、睡眠の症状はさまざまだと思います。

不眠症(Insomnia)を解消する為には不眠症(Insomnia)になってしまった病気の原因を見つける事がとても大切になります。

まず不眠の原因を見つける

辛い表情の女性

不眠症(Insomnia)になってしまう病気の原因は体質的な物、精神的な物、生活環境の変化等さまざまあると思います。

しかし自分が不眠になっている病気の原因を探し出さなくては、不眠に対してどう対策をして行ったら良いのか対応できないのです。

例えば体質的な物が病気の原因であるならば病院に行って治療してもらう、体質的な物であるならば心療内科等に行き、心の改善をきちんと行うようにする。

そうして行かないと不眠はいつまでたっても解消されないのです。

また心配事があると眠れなかったり、身体的、精神的ストレスが貯まると眠れなかったりする場合もあるでしょう。

こうしたことを解消しないでおくと不眠症(Insomnia)も恒常的な物になってしまい身体に負担がかかるようになってきます。

ですから解消する為には心配ことを解消したり、身体的、精神的ストレスを解消したりする必要が出てくるのです。

不眠が続く不眠症は病気

不眠症(Insomnia)というのは単に眠れないという物じゃなくて立派な病気として確立されています。

ですから軽視しないで病院に行って治療をする事はとても大切なのです。

また自分自分自身でも、眠れる生活環境を作ってあげる事も大切ですね。

不眠症(Insomnia)は悪化させると治す事は難しいですが、完治できない病気では有りません。

諦めずに長期的な目を持って対策していきましょう。

不眠症(Insomnia)の睡眠の症状【早朝覚醒】

いつもジと~~っとしている様子

早朝覚醒は朝早く目が覚めてしまう事、そこから眠ろうとしても睡眠に付けない不眠症(Insomnia)の睡眠の症状のことをさしています。

朝早く起きるだけなら良い事、不眠症(Insomnia)ではないのではないかと思ってしまいますが、どんなに遅く寝ても朝目が覚めてしまうので熟睡、快眠出来ていない場合が多いのです。

特徴は先程も挙げたとおり一度目が覚めたらその後に眠ろうと思っても眠りに入る事ができないという睡眠の症状が挙げられます。

もし眠れたとしても熟睡、快眠は出来ずにうつらうつらしているだけの場合が多いでしょう。

そうなると逆に疲れてしまうようになってしまうようになります。

朝早く目が覚めてしまうから睡眠時間が少なくなってしまうので早く寝てしまおうと思う方もいますよね。

そうすると早朝覚醒の睡眠の症状が悪化してしまう事も、充分に考えられますので、病気の原因をきちんと探し当てて解消に向かうようにしていくと良いでしょう。

解消するには病気の原因を探すのですが、主な病気の原因を挙げてみたいと思います。

早期覚醒の原因

老人性早期覚醒

先ずは老人性早朝覚醒という物です。

年齢を重ねてくると1度の睡眠で深い睡眠を感じる回数が減ってきてしまい、浅い睡眠の症状の方が増加してくるようになります。

これは睡眠の物質であるメラトニンの分泌量が加齢によって少なくなってしまうのが病気の原因のようで、睡眠の力を落としてしまうのです。

年を取ると早起きになってくるのはこの為だと言われているのです。

うつ病による早期覚醒

次はうつ病という病気が病気の原因である事も考えられます。

忙しい今の時代、身体的、精神的ストレスが貯まったり生活習慣が不規則になってしまう事もあるでしょう。

そうした症状を続けていると軽いうつ病を発症する事があります。

そうなるとメラトニンの分泌量が少なくなってしまいますので眠れなくなり、早朝覚醒という睡眠の症状に現れるようになると言われています。

不眠症(Insomnia)の病気の原因【体調不良】

体調の悪そうな女性三人後むき

体調不良が病気の原因になって不眠症(Insomnia)になってしまう事があるらしいです。

体調不良と一言でいっても体質的な物、精神的な物といろいろ有りますよね。

体質的な事が病気の原因の場合は発熱、頭痛、痛み、痒み、咳等の場合に眠れなくなるという場合が多いようです。

また肩凝りや腰痛、更年期障害、冷え性、眼精疲労などが病気の原因となって体調不良を起こす場合も考えられます。

ですから体調があまり良くないなと思った場合は、先ずは身体を治す事から考えて、眠る時にリラックス出来るようにすると眠れるようになると思いますよ。

リラックスするためにできること

リラックスする為には、温かい物を飲んで身体を温めるとか、ストレッチを眠る前に軽く行って身体の血行を良くするとか、身体を温める事で睡眠に付きやすくなるので試してみて下さいね。

次に精神的な物が病気の原因で体調不良を引き起こす場合ですが、うつ病や統合失調症等が主に挙げられます。

心の病気はあまり軽く見ては駄目です。

それが引き金となって全然眠れない事もあるのです。

不眠症(Insomnia)になっている方は、何かしら身体や心に病気を持っている方が多いと言います。

つまり不眠症(Insomnia)になってしまったという事は、心身共に悲鳴を挙げている、助けを求めている場合が多いという事なのです。

不眠症(Insomnia)という形でサインを出しているという事なのですね。

不眠症(Insomnia)を解消させる為には一度体調が悪くないかどうか考えてみてください。

また心の病気である事も有りますので心療内科に行ってみるのも良いかもしれませんね。

こうして治療していき、不眠症(Insomnia)を解消して行くようにしましょう。

不眠症(Insomnia)の病気の原因【生活環境の変化】

寝室で寝ようとしている女性枕を持っている

生活環境の変化によっても不眠症(Insomnia)を引き起こしてしまう場合があります。

生活環境が変化すると人間はその生活環境に慣れていこうと、少しずつ順応していきます。

しかし急激に対応する事は難しいですので、結果的に不眠になってしまう事があるのです。

一過性の不眠の原因

例えばですが一過性の不眠になる可能性があるものとしては、旅行に行って枕が変わった為に寝付けないとか、海外に行って時差ボケで眠れないとか、思い当たる事はあるのではないでしょうか。

しかし旅行等で有れば旅行先で不眠になったとしても、家に帰宅する事で生活環境が元に戻りますから、解消されますので心配する事はないでしょう。

但し毎回旅行の度に眠れないとなると、せっかくの旅行を楽しめなくなってしまうかもしれませんので、それは対処した方が良いかもしれませんね。

寝室や生活環境の変化

また部屋の温度や湿度が変わった事が病気の原因で、眠れなくなってしまう場合もあります。

特に真夏になると蒸し暑くて寝苦しい夜になる事が有りますよね。

こうした場合はクーラーや扇風機、除湿器などを使って、気温を眠れる最適な温度に調節して対応する事で解消されるでしょう。

また外の音がうるさくて不眠になる事もあります。

もちろん静かになれば解消される事が殆どです。

こうした生活環境の変化による不眠は一過性である事が多いですが、長期間その症状が続いてしまうと恒常的な物になり、不眠症(Insomnia)になってしまう可能性が出てきます。

そうならないように早めに生活環境の変化に対して、の病気の原因を解消していく必要があります

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です