不眠症(Insomnia)を解消する為に

不眠症(Insomnia)を解消させる為には、自分の不眠の睡眠の症状と病気の原因をきちんと把握した上で対策や治療をしていく必要があります。

眠るという事はとても大切な事です。

ですから眠れないけどまぁ良いやなんて軽く考えずに、きちんと対策をする必要があるのです。

そうすると毎日の生活にメリハリがきちんと出てくるようになりますよ。

不眠と意識する個人の感じ方

不眠の睡眠の症状と病気の原因・不眠を感じている女性

不眠って自分の感じ方1つだと思います。

他の人から見たら熟睡、快眠しているようでも本人にしてみたら、寝れていないって感じている場合もあるのです。

ですから不眠症(Insomnia)の診断をする時にはいろいろな角度から診断をして、その上で解消手段、つまり治療手段を決めるのが一般的です。

また逆に家族から見たら不眠症(Insomnia)の睡眠の症状だと思うのに、本人が認めないで我慢しているというケースもあるらしいです。

不眠症(Insomnia)の睡眠の症状というのは個人差が有りますし、不眠になってしまう病気の原因にも個人差があります。

不眠は病気が原因のこともある

不眠の睡眠の症状と病気の原因・病気が原因で不眠薬飲む女性

そうした不眠を解消させていく為には病気の原因、不眠の種類を探して診断を下して貰う事になるのです。

何か心配事がある等心理的な病気の原因で不眠になっている場合は、その心配事が解消されると不眠自体も解消されると思いますので、そんなに悩む必要はありません。

しかしその場合、精神的病気の原因が悪化する可能性も有りますので、きちんと治療して行く必要があります。

また体質的な事が病気の原因で不眠症(Insomnia)になる事もあるのですが、そうした場合は身体に降りかかっている睡眠の症状の治療も、合わせて行う必要があります。

どちらにしても不眠症(Insomnia)を解消していく為には不眠の病気の原因を探ってそれを取り除く必要があるのです。

不眠症(Insomnia)の睡眠の症状【入眠障害】

暗い部屋ベッドルームベッド二台

入眠障害は眠ろうとしてもなかなか睡眠に付く事ができない不眠症(Insomnia)の睡眠の症状のことをさしています。

いざ眠ろうと思って布団に入っても直ぐには眠れず、30分以上眠るまでにかかってしまうのが主な睡眠の症状です。

そしてそれが本人が苦痛に感じているのであれば、不眠症(Insomnia)であると判断されるようです。

解消する為には病気の原因を探る事が必要です。

以下に入眠障害の病気の原因として考えられることを挙げてみました。

入眠障害の原因

先ずは身体的、精神的ストレスですね。

身体的、精神的ストレスを感じてしまうと寝入るときの寝つきが悪くなる事が考えられます。

例えば次の日に大切な仕事があって絶対に遅れてはいけないとすると、ちょっとした緊張感がうまれてそれが身体的、精神的ストレスになり、入眠障害という不眠症(Insomnia)になる事があります。

大体はそうした緊張が解消されると、寝入るときの寝つきの悪さも解消される事が多いです。

次に起床時間の遅さが挙げられます。

当たり前の話ですが起きる時間が遅いと、夜眠れなくなりますよね。

休みの日だからといって昼過ぎまで眠ているのでなく、出来れば平日と同じ時間帯で起きるようにすると良いですね。

次に運動不足が挙げられます。

睡眠は身体が適度に疲労を感じている時じゃないと眠る事が困難になります。

眠れないなと思っていて更に運動不足を感じているならば、夕食の後にウォーキング等ちょっと身体を動かすようにすると睡眠やすくなりますよ。

次に真っ暗な部屋で過ごす事です。

朝目が覚めてカーテンを開けずに暗い部屋の中にいると、体内時計がリセットされずに身体が朝を理解しないまま夜になってしまいます。

そうなると寝入るときの寝つきが悪くなる事があるそうです。

出来れば朝はカーテンを開けて日の光を浴びるようにしましょう

不眠症(Insomnia)の睡眠の症状【熟睡、快眠障害】

不眠に悩み女性ほおづえついている

熟睡、快眠障害は寝入りばなの睡眠が浅くて、熟睡、快眠できないでいる不眠症(Insomnia)の睡眠の症状のことをさしています。

睡眠が浅いままでいると、疲れが取れずに倦怠感がいつまでも続きます。

そして熟睡、快眠できないと中途覚醒といって真夜中に何回も目が覚めてしまう睡眠の症状を引き起こす事もあるそうです。

解消する為には、病気の原因を探る事が必要です。

以下に熟睡、快眠障害の睡眠の症状を挙げてみますので、どんな症状が熟睡、快

睡眠障害なのかちょっと参考にしてみて下さい。

熟睡、快眠障害の睡眠の症状

不眠症(Insomnia)の睡眠の症状である熟睡、快眠障害を持っている人は熟睡、快眠感を得る事ができない場合が多いみたいです。

他の人から見ると充分に寝入っているのに本人は全然寝入っているような気がせず、眠った感じがしないと感じてしまう睡眠の症状です。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。

レム睡眠は睡眠が浅い症状のことを指し、ノンレム睡眠は睡眠が深い症状のことを指します。

またレム睡眠には1~4段階の睡眠段階が有り、1が睡眠が浅くて数字が大きい程徐々に睡眠が深くなっていることをさしています。

1は眠気を感じている症状の事だそうです。

熟睡、快眠障害の方はこの段階が、1~2の比較的浅い睡眠を繰り返している事が多いそうなのです。

熟睡、快眠できないというのはとても辛いですよね。

熟睡、快眠障害を解消するには

 

温泉にはいってリラックスしている女性

解消する為にはリラックス出来る状態にする事が大切になります。

例えばお風呂にゆったり入るとか、腹式呼吸をして身体の緊張を解すとか、音楽を聴くとかいろいろあります。

こうして身体の緊張症状を解してリラックスさせ、深い睡眠に持っていけるようにすると良いですね。

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です