不眠症(Insomnia)について

不眠症(Insomnia)と聞くと眠れない睡眠の症状なんだなぁというのが、多くの人の理解だと思いますが、じつは不眠症(Insomnia)とは、そればかりではなく、いろいろな睡眠の症状のことをさしています。

例えば寝入るときの寝つきが悪い、睡眠が浅い、熟睡、快眠できない、真夜中に何回も目が覚める、短い時間しか眠れない等いろいろあります。

こうした睡眠の症状が、一回起きただけでは、不眠症(Insomnia)とは言いませんが、何回も続いて恒常化した症状になってしまうと不眠症(Insomnia)ということになりますので、解消していくようにしていかなければなりません。

不眠症予備軍の増加

不眠で暗い表情の女性

また自分はよく寝れていて、上記のような睡眠の症状が無いから大丈夫だわと思っていても、起きた後にどうしようもなく眠かったり、身体のだるさや倦怠感等があったりするとそれも不眠症(Insomnia)予備軍かもしれませんので一概に安心とは言えませんね。

最近、不眠症(Insomnia)で悩んでいる人の人口が増加してきているようです。

病気の原因は身体的、精神的ストレス等によりますが、5人に1人が睡眠に関して何らかの問題を抱えていると言ます。

10人に1人が不眠症(Insomnia)の睡眠の症状を訴えていると言いますから、最も身近で最も解消しなくてはならない睡眠の症状だということになるのです。

また睡眠時間が短いからといって不眠症(Insomnia)というわけでも、長いからといって快眠しているわけでもありません。

不眠は生活の質を下げる

個人に合った最適の睡眠を取らなくては意味がないのです。

十分に眠れない症状がしばらく続くと毎日の生活にも障害をきたしてくる事になりますし、まわりにも理解されがたい感じにもなります。

ですからたかが眠れないではなくてしっかりと改善していく必要があるのです。

不眠症(Insomnia)にはどんな睡眠の症状があるのでしょう

不眠で頬杖をつく女性

中途・早朝覚醒、入眠困難、熟睡、快眠障害という睡眠に関する症状が不眠症(Insomnia)では、自覚されます。

不眠症(Insomnia)はこうした睡眠の症状が、少なくとも週に3回以上、少なくとも1ヶ月以上続いている症状であれば、可能性が大いにあるのではないかと考えられます。

つまり不眠症(Insomnia)というのは恒常的にこうした睡眠の障害が起こっていることをいっているのです。

不眠症の解決方法をさぐる

こうした不眠症(Insomnia)を解消していくには、その人、個人々の睡眠の症状に合わせて、解消手段を見極めていく必要があるのです。

あなたが、今、不眠症(Insomnia)か、または、その予備軍ではないか、あなたの今現在の睡眠の状況を思い返してみてください。

一過性の不眠は単なる不眠状態

また一回眠りに入ったのに、急に大きな騒音がしたり、寝苦しくて夜中に途中で目が覚めてしまい、その後、眠れなくなってしまったり、たまに明日の予定があって、睡眠を取らなければならないのに、いつまでたっても眠れないこともあります。

これら、一過性の物に関しては不眠症(Insomnia)とは言いませんので、そんなに気にする必要はありません。

これは不眠症(Insomnia)ではなく、単なる不眠状態です。

誰でも一度は体験したことがあるでしょう。

またこうした睡眠の症状が1ヶ月以内しか続かなかった例では、一時期なもので、短期不眠症(Insomnia)状とよんでいるそうです。

不眠の原因は体質的、精神的病気かも

不眠で暗い表情の若い女性頭に手をやる

発熱が病気の原因でなってしまう体質的病気の原因、身体的、精神的ストレス等が病気の原因でなってしまう精神的病気の原因で起こる場合が多いので病気の原因さえ突き止めたら解消しやすいのです。

不眠症(Insomnia)であってもなくても、眠れないというのは辛い事ですよね。

眠れないな、熟睡、快眠できないな等、睡眠に関して問題を抱えたら、どんな睡眠の症状が起こっているか、何が病気の原因なのかを探って解消させていく事が大切なのです。

不眠症(Insomnia)の病気の原因を探しましょう

白いシーツがかかったベッド

不眠症(Insomnia)になってしまう病気の原因は、いろいろあって一概にこれとは言えません。

病気の原因によっては一過性ですむ場合と恒常的になってしまう場合があるのですが、なかなかそれが解らずに、一時的なものにも関わらず自分は不眠症(Insomnia)だと悩んでしまい、身体的、精神的ストレスに感じてしまって結局、恒常的な不眠症(Insomnia)になってしまう事もあると言います。

大抵は一過性な物である場合が多いと思いますが、睡眠の症状が進んで重くなってくると毎日の生活にも影響が出てくるようになり事態は深刻化してくる事もあるようです。

そうなる前になるべく病気の原因を突き止めて解消させていく必要があると思います。

毎日の生活に障害が起きてしまう不眠症

誤解して頂きたくないのですが、不眠症(Insomnia)というのは全く睡眠が取れないというわけではありません

しかし不眠症(Insomnia)になる事で生活の質も健康の質も下げてしまう事になるのです。

不眠症(Insomnia)状が引き金となってさまざまな病気を誘発する事も考えられます。

睡眠が快適に取れなければ身体のだるさや倦怠感が身体に残ります。

それが知らず知らずに身体的、精神的ストレスになり病気を引き起こしてしまうかもしれないのです。

そうなると毎日の生活においても障害を出してしまう事になってしまうのです。

病気がかくれている現代の不眠症

不眠症(Insomnia)になっている方の理由として、大多数が今の時代が病気の原因ではないかという見方も多くあります。

それが身体的、精神的ストレスですね。

今の時代は身体的、精神的ストレス社会と言われています。

家庭、会社、学校といろいろな所で身体的、精神的ストレスを感じている方が多いです。

身体的、精神的ストレスを上手く解消できないと心身共に影響を与える事になり結果的に不眠に繋がる事も考えられます。

不眠に対しての知識を身に付け、病気の原因を理解して解消するようにしていく事が必要なのです。

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です