不眠症になる原因、どのようなものがあるの?

不眠症になる原因は色々です。

一概に、心理的負荷を抱えているから、だけというのは限りません。

病気が隠れていたりもするのです。

それでは、どんな原因が考えられるのでしょうか。

1.病気が原因・・皮膚疾患で痒みがあったり、リウマチ等で体が痛かったりしたケース寝つきがよくありませんし、熟睡出来ません。

ですが、こういった病気だけでなく、糖尿病、高血圧、前立腺肥大、心不全、狭心症、胃潰瘍、パーキンソン病などの病気になっているケースも、不眠症になり易いやうです。

2.生活環境要素が原因・・外国旅行から帰って来て、時差ボケになって不眠になる事があります。

お勤めが夜と昼の交代制の勤務に変化して、生活のリズムが狂うと、不眠になってしまいます、。

寝室の環境要素がよくない時も不眠になります。

うるさかったり、明るかったり、室温が適温でなかったり、乾燥していたりしてもよく眠れません。

3.心理学的な原因・・人間関係やお勤め上のトラブル、それ以外心配事で、夜ベッドに入ると色々考えてしまい眠れなくなり、不眠症になってしまいます。

そのトラブルが克服してしまうとよく眠れるようになる人もいますが、これが原因でトラブルが克服しても不眠症が治らなくなる人もいるやうです。

そうしたケース、眠れないという事がまた新たな心理的負荷となり、不眠が長期化してしまうのです。

4.うつ病や統合失調症などの病気を持っている人は、不眠症であることが沢山やうです。

精神疾患のある人の多くは脳内から放出されるセロトニンというホルモンが不足しているのです。

セロトニンは心をリラックスさせる働きがありますし、眠ることに欠かせないメラトニンの放出を活発化する働きがあるのですが、それが不足していることから、眠れなくなるのです。

5.お酒、カフェイン、たばこが原因・・お酒を飲むとよく眠れるとかんちがいしている方が沢山のですが、実はお酒は眠りを浅くしてしまうのです。

これによって、夜中に目が覚めて眠れなくなるということになります。

世間一般的な常識ですが、寝る前にコーヒー等を飲むとカフェインのせいで、脳が覚醒して眠れなくなります、。

高齢者のケースは、その覚醒効き目が6時間くらい続きますから、寝る時間の6時間前にはカフェイン類を飲まない方がいいですね。

そして、たばこは、眠りには大敵なものです。

たばこに含まれるニコチンはカフェインと比べると強い興奮剤ですし、依存症にもなってしまいます。

ニコチン依存になると、脳内にニコチンがあるうちはリラックスしているのですが、ニコチンが切れると、不安や緊張が高まってしまうのです。

これによって、寝る前にたばこを吸うと、夜中にニコチン切れて覚醒してしまうので、眠りがかなり浅くなります。

多様な面でたばこはやめた方がいいですね。

不眠症改善に水が効く?

夜なかなか寝付けない、夜中に目が覚めて眠れなくなる等、そういった眠ること障害を抱えている人は沢山いるやうです。

軽いうちならいいですが、だんだん深刻な不眠になると、うつ病を発症してしまうこともあるので、不眠は急いで改善した方がいいですね。

不眠グッズやサプリ等色々なものが市販生産品されていますが、ごく容易な手順は水を飲む、という手順です

「え?水?」っておもいますよね。

でも案外水は侮れないものです。

不眠症は、自律神経の乱れで起こることが沢山のです。

現代は心理的負荷一般世のなかです

昼も夜もリラックス出来ないという事もあります。

そうしたケース交感神経と副交感神経のバランスが乱れて、心身ともに活動的でなくなってしまう事がよくあるのです。

自律神経失調症になってしまうということです。

そういう時、水をきっちり飲んで、水分代謝を正常にしたケース、自律神経の乱れが改善するので、良い眠りにもつながるのです。

では、水を1日どれくらい飲めば良いのでしょうか。

1,500ミリリットルが良いとされています。

そういったに飲めないとおもう方もおられるかも知れませんが、当然、いっきにその量を飲むわけではありません。

1日かけて何度も少しばっかりづつ、飲むようにします。

少しばっかりづつ飲む方が体にもいいのです。

一度に大量の水を飲むとかえって体に害があります。

カフェインが入った飲み物やお酒飲料は、利尿作用があるので、これらのもので水分を補給したケースいう考えはよくありません。

飲んでもすぐに体から排出されてしまうので、脱水症状になってしまうかも知れないからです。

ジュース類も糖分が沢山ので消化する際に水分が必要になりますから、水分補給というのはならないのです。

ですので、ただの水が一番良いのです。

白湯(湯冷ましのお湯)は、副交感神経を向上させるので、リラックス効き目があります、。

ですので、夜寝る前に白湯を飲むと寝付きがよくなります

こちらもゆっくり少しばっかりづつ飲みましょう。

湯冷ましですので、熱くて飲めないという温度ではありません

少しばっかりだけ熱い、くらいの感じです。

そして、炭酸水も体には良いものです

コーラとかサイダーのようなものではなく、糖分が全く入っていないただの炭酸水が良いのです。

炭酸水に含まれる二酸化炭素が体内に入ると、血流がよくなりますので、筋肉の緊張を和らげる効き目や、疲れを緩和する効き目もあります。

寝る前に飲むのも良いかも知れませんね。

不眠に、乳酸菌のC-23ガセリ菌が効く?

ニッポン人の5人に1人は眠ること障害を抱えていると言われています。

なかなか寝付けない、夜中に目が覚めてそのまま眠れなくなる、早朝に目が覚めてしまう等、不眠症には色々な症状があります。

不眠症の原因で一番沢山のは、心理的負荷からくるものだと言われています。

現代は心理的負荷一般世のなかですので、どんな人でも、多かれ少なかれ心理的負荷を抱えています。

かなりの緊張が続いたり、心理的負荷が強かったりしたケース、腹部が痛くなることってありますよね。

これは脳と腸が相互に情報を伝えあっているからですのです

この脳と腸の関係を「脳腸相関」というそうで、かなりトピックされている健康テーマです、。

腸は消化吸収するしかない器官ではありません。

人の免疫力を上げるリンパ球の6割が、この腸にあります。

首から下の神経の半分以上が集まっている所でもあり、色々なホルモンを生産する所でもあります、。

腸はものすごく優れた器官と言えるでしょう。

この腸には沢山の菌などの微生物が棲んでいて、それが脳腸相関を通して心や体の有り様にも影響を及ぼすのです。

この脳腸相関に働きかけてくれるのが、C-23ガセリ菌という乳酸菌ですのです。

心理的負荷による不安感を緩和して、よく眠れるようにする働きがあるのです。

従来の乳酸菌と同様に、C-23ガセリ菌も腸内環境要素を整える効き目も、当然ありますが、それと同じ時に、腸から脳に働きかけて、心理的負荷を緩和して、それにともなう体の不調を改善する、という効き目もあるのです。

C-23ガセリ菌を投与したケース、心理的負荷を感じ取っている腸と脳の間の神経活動が活発化するので、脳から出される心理的負荷ホルモンが抑制しられます。

それによって心理的負荷による自律神経の乱れも正常になって、心理的負荷による体の不調もよくなるのです。

ですので、心の不安や不眠症も改善されますし、それとともに、心理的負荷による便秘、下痢、過敏性腸症候群などの病気も改善されて行くわけです

ですが、不眠症にC-23ガセリ菌を飲むだけでなく、寝る前の不眠症対応策も重大です。

寝る1時間前にお風呂に入り、体温が下がるころにベッドに入って、寝る準備をしておきましょう。

寝る直前までスマホ等を見ていると、ブルーライトの作用でメラトニンの放出が抑制しられるので、スマホはやめておきましょうね、。

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。

タイトルとURLをコピーしました