ストレスで眠れない時の改善方法

現代はどんな人でも、あるくらいの心理的負荷を抱えて生活しているとおもいます。

それは個人個人、心理的負荷の原因はちがいますし、そのくらいもちがいます。

でも共通しているのは、心理的負荷を抱えていると、人間はなかなか眠れないという事です。

体はたいへん疲れているのに、頭だけがさえて、ハートの良い眠ることに入っていけないのです。

心理的負荷を取り除けばいいのかも知れませんが、おいそれと取り除けるものでもありません。

そうなると、不眠症という病を抱える事になってしまいます

では、心理的負荷を抱えていても、何とか眠る手順というのはあるのでしょうか

いくつか手順があるやうです。

1つには、寝る時間の1時間前に入浴する、という手順です

人間の体は、眠ること有り様に入る時に体温が下がりますので、寝る1時間前にお風呂に入り、お風呂から出て、丁度体温が下がるころにはベッドのなかで眠れる有り様にしているという手順です。

お風呂の温度は38度から40度くらいのぬるめにして、ゆっくりお湯につかりましょう。

そうしたケース体の芯から温まることが出来ますし、又リラックス効き目もあります。

その後、前述したように、丁度体温が下がる頃を見計らって、ベッドに入ると、心もリラックスしていますし、体温も下がるので、ハートよく眠ることに入ることが出来るのです。

そしてもう一つの手順は、寝る前にハートが癒される音楽を流したり、アロマやお香をたいて、ゆっくりした時間を創ることです。

カフェインの入った飲み物ではなく、ハーブティーやココア等をゆっくり飲みながら、自分しかない時間を創るようにしましょう。

当然スマホはダメです。

スマホから出るブルーライトを浴びる事は、眠ることの為の大敵です。

このブルーライトは脳から放出されるメラトニンを抑制してしまう力があるのです

このメラトニンというのは、人間を眠ることに導くためのホルモンですので、寝るまでこのブルーライトを浴びていると、寝つきも悪くなりますし、良い眠ることが摂れなくなります。

ですので、夜寝る前のリラックス時には、スマホはやめて、音楽を聴きながら、良い芳香を楽しみ、ハーブティーを味わいましょう

出来たら、ハーブティーはカモミールが良いでしょう。

ハートを落ち着かせる効き目があります。

夜中に目が覚めてしまう人のための対処法

不眠症のなかに、中途覚醒といものがあります。

これは、夜中に何回か目が覚めてしまい、そのまま眠れなくなってしまうという症状です。

これが週に何回も何か月も続くようであるのなら、不眠症ということになります。

高齢者は比較的中途覚醒が多くなります。

人間は年を確保したケース、眠りが浅くなるので、夜中に何度も目が覚めたり、早朝に目が覚めてそのまま眠れなくなってしまいます。

交代制勤務のお勤めをしている人も、いつも夜に寝れる訳ではないので、体のリズムが狂い、中途覚醒が多くなってしまいます、。

眠ること時無呼吸症候群の人も、脳に酸素が行かなくなって、何度も夜中に目が覚めてしまいます。

これによって昼間突然眠気が襲い、気が付くと眠っているというような事になります。

これは命にもかかわる事です。

皮膚に疾患がある人や、むずむず脚症候群の人も、夜中に体や足がむしょうに痒くなって、目が覚めてしまいます。

こういった病気が原因のケースは、早めに医師に相談してその原因を取り去る以外、手順はありません。

病気以外で中途覚醒してしまうには、どんな対処手順があるのでしょうか。

まず、寝室は寝る立地と決めて、それ以外には使わない事です。

本を読むのもベッドの上で、という習慣もやめます。

夜中に目が覚めてしまった時は、布団のなかにいるのではなく、いったん起きて、別の部屋へ行きます。

そして、再び眠くなったら、布団に戻ります。

ベッドの脇の時計は伏せておきます。

夜中に目が覚めてしまった時に、今何時なのか、絶対に確かめないようにしましょう。

時間が気になると、益々眠れなくなります。

寝酒も中途覚醒の原因なって、やめましょう

お酒を飲むとよく眠れるというのは錯覚で、眠りが浅くなります。

お酒が完全に抜けてから寝る方が、深い眠りになります。

夜中、洗面所に行きたくなって目が覚めてしまう人は、昼間の水分の取り方にアレンジが必要です。

出来たら、午前中に沢山水分を摂り、午後遅くなってからは水分は抑えましょう。

人間の体は眠りに入る時に体温が下がるので、入浴をうまく利用しましょう。

寝る1時間前くらいにお風呂に入り、体温が下がる頃合いを見計らってベッドに入りましょう。

寝室の環境要素も大切です。

何か問題があるケースは、完全に克服出来ないかも知れませんが、騒音が気になる時は窓に防音シートを張ったり、遮光カーテンで光をシャットアウトしたり、色々アレンジしてみましょう。

不眠症をアロマの香りで改善する

ニッポン人の5人に1人が、何らかの眠ること障害を抱えていると言われています。

なかなか眠りに付けないとか、夜中に何度も目が覚めてしまうとか、そういう人は結構いますよね。

でも、眠ること導入剤のような薬を処方してもらうのは、ちょっと抵抗があります。

その薬がないと眠れなくなってしまったらどうしようとか、依存性があるのではないかとか、出来るならそういう薬には頼りたくありませんね。

アロマを利用してみるのは如何でしょうかでしょうか。

アロマの芳香はハートを鎮め、リラックスさせる効き目があるというのはよく知られている事ですが、色々なアロマが出ているので、どれにしたらいいか分からないというハートにもなります。

それならば、今評判の 「SWICH me ディープレストミスト」を試してみられるのは良いかも知れません。

これはビターオレンジの芳香のアロマで、スプレー式になっているので、部屋全体や布団や枕等にシュッと何回かスプレーすることによって良いのです。

面倒な準備もいらないので、気軽に利用する事が出来ます。

このSWICH me ディープレストミストはどんな原材料で創られているのでしょうか。

伊豆産のビターオレンジとクロモジを中心にアオモジ、ユーカリ、オレンジ等が入っています。

ビターオレンジというのは、橙(ダイダイ)のことです。

ダイダイは漢方薬でも橙皮(トウヒ)という名で、自律神経の乱れの改善に使用されています。

クロモジはクスノキ科の樹木でその幹と枝からさわやかな芳香がします

その芳香は高ぶった神経を鎮めてくれる効き目があります。

アオモジは同様にクスノキ科の樹木でこの実から採れる油は柑橘系のようなオレンジに似た芳香があり、リラックス効き目があります。

このSWICH me ディープレストミストは全部天然由来のものから創られていて、人工的な芳香はまったく入っていません。

ですので飽きの来ない心和む芳香ですのです。

そのリラックス効き目のある芳香で、寝つきもよくなり、その芳香に包まれながら眠りますので、眠りも深くなるやうです。

値段は、80ミリリットル入りが4,320円です。

少しばっかり高い気がしますか?でも、利用してみて気に入らなければ、なんと、全額返金してくれるのです。

それだけ、生産品に自信があるという事かも知れません。

願わくは試してみては如何でしょうかでしょうか。

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。

タイトルとURLをコピーしました