格安の寝具やこたつ布団の良しあしを考えてみた

ベッドもいろいろあります。

値段だけでベッドなどの寝具を選ぶのはあまりお勧めできません

激安ショップのPR・宣伝言葉でついつい買ってしまって、後悔したという話はよくあるのです。

ベッドや布団などの寝具は、人間の睡眠にとって非常に大事な要素です。

気持ちの良い朝を迎えることが、身体の疲労回復には欠かせません

昔と違って多くの人が、ベッドを利用しています。

西洋的な生活スタイルがが、増えてきたということですね。

こたつ

日本特有の生活様式として、炬燵(こたつ)があります。

炬燵(こたつ)に火(電気)を入れずに単純にテーブルとして利用している人も多いはずです。

このような形は、西洋にはありません。

しかし、低いテーブルの場合は、姿勢が不安定なので、腰を痛める人が多いようです。

格安の寝具と健康

三世代家族6人笑顔

どのような寝具を利用してもいいのですが、寝具は、身体の健康のための道具であることを忘れないようにしましょう。

格安の寝具のすべてが、睡眠にとって品質的に問題となるわけではありません。

寝具も工場での大量生産品も増えていますから、昔に比べると安くなっているのです。

例えば、キズものとか、一部汚れがあるという理由で安くなっているものは、普段の使用に何の問題もありません。

また、ベッドを購入したが、引越しでいらなくなったケースもよくあります。

ベッドを探しはリサイクルに掘り出し物も

お値打ちにベッドを購入しようと思ったら、リサイクルショップもねらい目です。

リサイクルショップなどで中古として販売されているものの中に、質がよくて掘り出し物があるかもしれませんね。

ベッドの場合は、収納用の引き出しが下の空間に付いたタイプなどもあります。

寝具だけではなく、便利な家具としての役割もあるのです。

日本のように住宅事情が悪く、狭い部屋にはこうした収納付きのベッドは助かるものです。

こたつ布団・購入の際に気をつけたいこと

冬寒そうにしている若い女性・白い帽子と手袋

寒い冬になったら、暖を取るには、やはりコタツですよね。

家族でも、一人暮らしの生活でもコタツは日本の文化です。

ここでコタツ布団のことを見てみます。

こたつ布団はサイズ合わせを

まず、大切なのはコタツの形とコタツ布団のサイズを合わせることです。

コタツの形には正方形と長方形の二つがあります。

一人暮らしでしたら正方形の小さなもので十分です。

それに見合ったコタツ布団の形を探してください。

普通に販売されているコタツ布団は、最近では、ほとんどが中国製です。

素材にこだわる必要は、あまりありませんし、保温効果も通常の寝具に比べると

コタツの暖かさがあるので、あまり重視されないからです。

電気代に影響するこたつ布団

でも、コタツ布団の良し悪しによって、使われる電気代が大きく変わってくるのです。

コタツ布団の特徴として、コタツにかけても、中の熱が逃げないような工夫がされているところです。

材質としては、一般的にポリステルが多いです。

ポリエステルは、安く作ることができるからです。

コタツ布団にも、敷布団と掛布団が必要です。

ほとんどのお店でセット販売をしていることが多いようです。

コタツ全体のデザイン的なものもありますから、なるべくならセットでの購入を考えましょう。

最近は、若者向けのカジュアルな感じのデザインが多いようです。

保温性を高めることで、電気代の節約が出来るものもあります。

サイズは小さくても、デザインや布団の素材に良いものを使っていれば、値段は高くなります。

相場としては、だいたい1万円前後を考えておいた方がいいでしょう。

コタツがあれば、一家の団欒もスムーズです。

冬場は、家族が揃って一緒にテレビを見て、みかんを食べるのがいいですね。

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です