寝具カバーの役割とシーツの選び方

布団や枕など寝具のカバーの役割について考えてみましょう。

もちろん、布団や枕など寝具そのものを汚れから守ることが、一つ目の目的です。

しかしそれだけではなく、布団や枕など寝具のカバーは、重要な暖房の素材なのです。

ですから暖房の目的を考えれば、冬の寒い日などは、少し厚めのシーツカバーがいいでしょう。

敷布団には、特に温かいシーツカバーが体温保持のためによいです。

寝具のカバーも重要な暖房の素材だから

直接体に当たるのが、シーツなので素材もこだわりたいですね。

毛布のような肌触りの素材だと、気持ち良くなりますね。

冷え性の人にとっては、足に直接当たる寝具の大切さは、自分でもわかっているでしょう。

シーツの選び方

ベッドルーム

布団シーツは、形状がいろいろあります。

自分の布団にぴったり合ったものを選べば、寝心地もお手入れも楽にできます。

ベッド用シーツの選び方

ベッド用のシーツは、マットレスの大きさに寸法の合ったものを選びましょう

見た目がすっきりできるのは、形作ったときにマチを広めに取ったものです。

すっぽり被せることができるようになっていれば、夜中の寝返りでずれることもありませんし、取替も簡単です。

それから、中綿が入った構造のパッドシーツもあります。

ふかふかした寝心地ですね。

でも寝ている時にずれてしまうのが、少し欠点です。

しかしこれは、自宅の洗濯機で洗うことができますので、常時、清潔に保てますね。

パッド一体型のベッド用のシーツもいくつかあります。

これならば、フカフカの寝心地と、洗濯時の取り外しのしやすさを兼ね備えています。

ただし、ベッドのマットレスの大きさに合わせておかないと、ちょっと見た目が、悪くなるかもしれません。

和式用布団シーツの選び方

若い女性が布団で寝ている

私はベッドより断然布団だという人は、和式用のシーツを選んでください。

敷布団を反対に裏返すことなく、簡単に付け替えできるのです。

面倒くさがり屋さんにもいいですね。

それから、最近は「吸湿発熱繊維」の機能のあるものを使用したものがあります。

冬の寒いときでも暖かくなるのです。

下着のインナーと同程度の素材なのです。

一度試したら、もう病みつきになります。

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です