最新の寝具・低反発素材と防ダニ健康にいいという理由で

最近流行りの寝具を見てみましょう。

この頃のものは布団や枕など寝具に低反発素材を使ったものや、防ダニ仕様のものが多くなっています。

日本人は健康にいいらしい聞くと、すぐに飛びつきます。

一人暮らしなどの場合に、利用しやすくしたものも多くなっています。

ベッドの下に引出しがあり、洋服などを収納できるタイプです。

一人暮らしには折り畳み式の省スペースなマットレスベッドはどうでしょうか

カラーは色々あります。女性向けな色が多いのです。

高さも選べます。

自分の日常の生活スタイルの合わせたものを選びましょう。

ベッドの場合は、ベッドの下の空間を有効活用することが大事です。

最初から引出しが付いているものや、使っていて、後から適当な高さの収納箱を購入してもいいでしょう。

値段は1万円~2万円と幅広くなっています。予算に合わせて、選んでください。

ベッドの場合は、スプリング式やマットレス式などがあります。

家具屋さんやホームセンターで一度試してみるといいでしょう。

寝具は、そんなに買い換えない大きな買い物ですから、しっかり検討しておきましょう。

羽根布団購入のポイント

羽根布団の場合は、防ダニ、抗菌や防臭がポイントです。

羽根布団は軽くて暖かいのが良い点ですが、かえって、その軽さがちょっと物足りないと感じてしまう人も多いようです。

羽根布団も最近では、割りと安くなりました。

1万円前後から販売されています。

中に使用している羽根の種類や割合によって価格が変わってきます。

寝具の色は、部屋の色に合わせたものを選びたいですね。

布団は押し入れに簡単に収納できますが、ベッドは収納できません。

一人暮らしなら1DKくらいの間取りでは、常に見えているので、大事な家具となるのです。

低反発素材の寝具の特徴

最近の布団や枕など寝具と言えば、低反発素材を使用したものでしょう。

NASAでも使用されている低反発素材は良質の睡眠のためのグッズとして、利用されているのです。

朝の寝起きに首や腰、肩などにこわばりや痛みを感じている人はいませんか。

快適な朝の目覚めからほど遠いことは、その日1日を疲れたものにしてしまうのです。

このような寝起きの疲れ悩みからは、解放されたいと考えて当然です。

低反発マットレスは寝起きの肩腰が楽に

低反発マットレスは、素材としって人間の肩や腰にやさしいと言われています。

そもそも、腰や肩が痛いのは寝具が、人体のラインにフィットしていないから起こるのです。

睡眠中の人体が、寝具と当たる部分に全体の体重が集中してしまうために、その部分の血液の流れが悪くなるのです。

したがって、人体と寝具の接点を多くして、体重を全体的に分散させるようなことができれば、寝起きの肩や腰の痛みから解放されることになるのです。

そのための布団の素材が低反発素材なのです。

低反発素材は、NASAでも使用されています。

その理由は、ロケットの打ち上げ時の体重分散による人体への影響緩和にあります。

ロケットの打ち上げ時に強烈な重力によって、宇宙飛行士の身体は押し付けられてしまいます。

そこで低反発素材をシートに使用して、それを緩和させるのです。

医療用にも用いられている低反発マットレス

NASAだけではなく、病院の医療用としても使用されています

特に寝たきりの病人病棟の場合は、一日中ずうっと体重が特定の場所にかかってしまいます。

そのために床ずれなどの病気を起こしてしまうのです。

このように低反発マットレスは、現代の技術で作られた素材で、人は昔から、より良い睡眠のための布団や枕など寝具を考えてきたと言われています。

良質の睡眠が、体調を整えるために重要であることは、誰もがわかっていたと言うことです。

もちろん、昔に比べると布団や枕など寝具は、たいへん贅沢なものになるでしょう。

しかし、現代人にとっても、布団や枕など寝具が重要であることは間違いないのです。

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です