マットレス、敷布団選び!腰痛、肩こりの解消。快眠、熟睡のお買い得寝具

マットレス、敷布団選び!腰痛、肩こりを解消するのはどれ?

朝の肩こり、腰痛解消にスッキリ目覚めるための寝具選びをリポートします。

快眠、熟睡のためのお買い得寝具体験談。朝の肩こり、腰痛解消にスッキリ目覚めるための寝具選びをリポートします。

スッキリ眠れた日は、朝から体調がいいですよ。

今日一日頑張ろう!と思えます。

 

マットレス、枕など寝具を見直したので、最近は、いい感じの OKAIDOKUSHINGU.COM管理人・お買い得寝具リポーターです。

以前は、こんなんでした。

長いこと使っている綿の布団が、センベイ布団になってきたので寝ても肩がこるし、腰がこわばっているんです。

朝起きると肩がこっている。腰がこわばっている。疲れが取れていない。

睡眠時間は長いのに、スッキリしない。

スッキリと疲れが取れないのは、やっぱり布団のせいかと思い、新しい寝具を買うぞ!と寝具の調査をはじめました。

ぎっくり腰でコルセットをはめているとか、腰痛持ちとかというほどではないんですが、デスクワークの多い仕事柄、座っていることが多いのです。

いつも、肩こりで腰がこわばっているという感じです。運動不足もあるかもしれません。

腰が痛い

いくら寝ていても、朝起きると肩こりがあり、腰痛があります。背中もこった感じだったんです。

朝起きると、肩甲骨をのばして、バンザイの姿勢を知らずにしています。

肩、背中、腰、骨盤から脚にかけて全部がこわばっている感じが抜けません。

病的というほどではないのですが、朝の目覚めでスッキリしないのが苦になっていました。

いつもジと~~っとしている様子
いつもジと~~っとしている様子

病院に行くほどではなく、これは寝具を見直さなければと考えていろいと調べています。

せっかく調べた寝具の見直し情報なので、管理人の体験談も含めて、このブログでまとめていきたいと思います。

腰痛と肩凝りとマットレス、敷き布団に関して

 

腰痛と肩凝りで日常、苦労している人はたくさんみえます。

整形外科で治療を受けて、ぎっくり腰のマッサージをしてもらったり、サポーターを付けたりして、なんとか日々の生活をやり過ごしている人もたくさん見えます。

腰痛、肩こりが、改善するいい方法があれば、知りたいところです。

そんな悩みに、最近になって注目されているものに、マットレスや敷布団です。

腰痛と肩凝りにいいマットレス、敷布団と悪いものがあります。 その違いを聴けば、なるほどと思い当たるところがあるでしょう。

腰痛と肩凝りを悪化させてしまうマットレス、敷き布団

まず、腰痛と肩凝りを悪化させてしまうマットレス、敷布団を説明しましょう。

いわゆるせんべい布団です。

マットレス、敷布団でクッションが全く効か無い状態は、体重の体全体を包んでくれるわけではなく、寝ているときに腰や肩の部分で体を支えてしまいます。

ぎっくり腰や肩こりのひどい人は、腰や背中、骨盤の痛みが悪化することになります。

毎日の睡眠中でもなんとか熟睡しているようでも、腰や肩は、コリや痛みで苦しんでいます。

良いマットレス、敷布団

それではいいマットレス、敷布団とはどのようなものでしょうか。

適度に体重に対して反発があり、体全体の体重を分散、拡散させてくれるマットレス、敷き布団です。

おすすめのマットレス、敷布団は高反発マットレスです。

腰や骨盤の部分だけではなく、背中や足の部分にも、全体的に均等な力を受けますから、腰や肩への負担が少なくなります。

もちろん、最初の痛みやコリに対する腰痛と肩凝りの原因は別だったかもしれません。

ですが、せんべい状況になった布団に寝ていることで、症状が悪化していくことに成ります。

痛と肩凝りの原因が内臓や骨等の病気で有る場合等、原因がはっきりしているのなら医師の指示に従ってマットレス、敷き布団を選ぶことが重要です。

睡眠時の体の保持は重要なことなので自分でも出来ることは改善しなければなりません。

今使っているマットレス、敷布団と高反発マットレス、敷布団を比較検討してみましょう。

腰痛、肩こりにおすすめのマットレス、敷き布団

腰痛と肩凝りの原因が明確になってい無いなら、寝具について試してみるといいでしょう。

少しでも腰痛と肩凝りが改善すれば日常生活も楽になるからです。

おすすめなのは、身体の重力を受け止めるマットレス、敷布団です。

今使っているマットレス、敷布団ではなく、体全体を均等に支えてくれるマットレス、敷布団を選びましょう。

腰の沈み込みが原因

つまり、高反発マットレス、敷き布団です。 日常生活には支障がなくても、朝起きる時に腰が痛くてたまら無いと言う人は少なく有りません。

これは明らかに寝ている状況に原因があります。

体は適度に寝返りを打っているとすれば、マットレス、敷き布団が問題なのです。

高反発マットレス、敷き布団がおすすめの理由は体全体を均等に支えてくれるからです。

反発力が弱いと体がマットレス、敷布団に沈み込んでしまいます。

横から見ると体が曲がっているのです。

また、反発力が無く、せんべい状態になったマットレス、敷き布団では体の曲がりを抑えてくれるものがありませんから、肩と腰、かかとで支えることに成ります。

いずれの場合も負が大きいため翌朝に腰痛、肩こりとなって表れるのです。

人は睡眠中に寝返りを打つ

人は睡眠中に寝返りを打ちます。

ただ、寝返りが打ちにくいマットレス、敷布団では寝返りさえ打てない状況と成ります。

自分が睡眠中にどのような動きをしているのかを明確に意識することは難しいですから、そのままのマットレス、敷き布団で我慢してしまいます。

おすすめのマットレス、敷き布団があったとしても、直ぐに購入するのは躊躇してしまいます。

ただ、今迄我慢してきた腰痛と肩凝りから解放されるとかんがえれば、費用がかかったとしてもマットレス、敷き布団の購入を検討すべきでしょう。 腰痛と肩凝りは我慢しているだけで改善することは無いからです。

腰痛と肩凝りと睡眠

起きてベッドでのびをしている若い女性

朝目が覚めても、すっきり起きられていますか。

マットレス、敷布団を選ぶことで気持ち良い睡眠を確保することが出来ます。

おすすめのマットレス、敷き布団なら腰痛と肩凝りにも効果的です。

ただ、寝覚めをよくする為には適度な反発力が必要ですし、通気性も確保されていなければなりません。

残念ながら日本で昔から使われてきた綿の敷き布団ではこの機能を満足させることが出来ません。

今、主流となっているのはウレタン製マットレスやエアロキューブ、エアーファイバー系のマットレス、スプリング入りマットレスなどです。

マットレスのウレタンなどの素材を調整することによって反発力を変得ることが出来ます。

寝苦しい夏でも快適な睡眠を確保することは現代人にとって非常に重要なことです。 おすすめのマットレス、敷き布団を検索してみると意外と高価なことがわかります。

睡眠の質に対するコスト

最新の寝具・低反発素材と防ダニ健康にいいという理由で

たかがマットレス、敷布団にそんなお金はないと思ってしまう人もいるでしょうが、睡眠を確保することは高いお金を払ってでもやらなければならないことなのです。

実際にはお金を払っても手に入ら無いとご苦労している人多いでしょう。

どこででも熟睡出来る人がいる一方で、枕が違うと眠れ無い人もいます。

そして、腰痛と肩凝りの人はそれよりも多いのです。

日常生活で腰痛と肩凝りになってしまう例は少なくありませんが、それを解消する方法が見つけられ無いのです。

マットレス、敷き布団を変えるだけで快適な睡眠を手に入れられるのであれば、直ぐに購入すべきでしょう。

もちろん、おすすめのマットレス、敷き布団にはいろいろな種類が有りますから、どれにすべきかをじっくりと検討して下さい。

そして、安眠を続けて行くことでいつの間にか腰痛と肩凝りも改善していることを期待しましょう。

腰痛と肩凝りとマットレス、敷布団の関係

腰痛と肩凝りとマットレス、敷布団との関係に関して考えてみましょう。

腰痛と肩凝りで仰向けに寝ることができないと言う人がいます。

それは朝起きた時に腰痛と肩凝りがひどくなっている気がしてしまうのでしょう。

それではマットレス、敷布団を変得ることで腰痛、肩こりが和らぐのでしょうか。

柔らかいマットレス、敷布団がおすすめだと思っている人は少なく有りませんが、それは大きな間違いです。

もちろん、畳のように硬いせんべい布団では横になっても腰が痛いでしょう。

ただ、柔らかすぎると体を真っ直ぐに支えることができず、仰向けになっても腰が沈んだ状況になるのです。 この体勢が腰痛と肩凝りに悪いのです。

適度な硬さを持ったマットレス

赤ちゃんがタオルケットの上に座っている

つまり、適度な硬さを持ったマットレス、敷き布団がおすすめです。

快適な睡眠を得ることが大事ですが、腰痛と肩凝りを我慢しながらの状態では無理です。

マットレス、敷き布団メーカーでは快適な睡眠とマットレス、敷き布団との関係についてかなり研究がすすめられています。

インターインターネットでは高反発マットレスや高反発マットレス、敷き布団として販売されています。

健康志向の高まりによって、少し価格が高めでも上質な睡眠を求める人が増えているからでしょう。

腰痛、肩こりを改善するだけのマットレス、敷布団は不十分ですから、快適な朝を迎えられるマットレス、敷布団を探して下さい。

自分の健康状況を認識するとともに、マットレス、敷布団の硬さに注意しなければなりません。

もちろん、腰痛と肩凝りの原因と成る病気がわかっているのであれば、医師の指導の下で使用しなければ成りません。

高反発マットレス、敷き布団で腰痛と肩凝りが悪化することもあるからです。

腰痛、肩こりで長年苦しんでいる人は少なくありませんが、マットレス、敷布団を変えたら短期間で改善される例もあります。

腰痛、肩こりにおすすめのマットレス、敷き布団の特徴

マットレス、敷き布団の材質が気になってくると、いろいろと調べたくなるでしょう。

特に腰痛と肩凝りに悩まされている人は熟睡出来るマットレス、敷き布団を探しているのです。

ただ、おすすめのマットレス、敷き布団が自分に合っているかは腰痛と肩凝りの状態によりますから、注意して選ばなければ成りません。

具体的におすすめのマットレス、敷き布団の特徴は何処を見ればいいのでしょうか。

マットレス選びは、まずは反発力

まずは反発力です。

腰を柔らかく包んでくれる低反発のマットレス、敷き布団がいいと思っている人もいるでしょう。

高反発マットレス、敷き布団は、とっても硬いせんべい布団をイメージしているからです。

しかし、これは大きな間違いです。

高反発マットレス、敷布団とは硬いのではなく、体重をしっかりと支得るための強さを持っていることの証です。

柔らかいマットレス、敷き布団は体重を支えられずに体が沈み込んでしまいます。

つまり、体を真っ直ぐにした状況で横に成ることができません。

結果として腰が曲がったまま眠ることに成るでしょう。 それは腰痛と肩凝りにとっていいことでは有りません。

もちろん、高反発マットレス、敷き布団に寝るだけで腰痛、肩こりが完治するわけでは有りませんから、病院で治療等を受けている人は継続することが重要です。

具体的な病気の名前を告げられているのであれば、その為の治療を確実に行無いましょう。

一般的には軽い運動やストレッチをすることで腰痛と肩凝りが改善すると言われています。

自分の状況をチェックしながら、試してみることをおすすめします。

腰痛と肩凝りの原因は様々です。

病院に行かず、マットレス、敷布団を改善するだけで治ることはありません。 腰は体の重要な部分なのです。

腰痛、肩こり用マットレス、敷布団の値段

腰痛、肩こりを改善するためのおすすめマットレス、敷き布団とはどのようなマットレス、敷き布団でしょうか。

おすすめのマットレス、敷き布団が高価だったとしても、使用期間を考慮すれば決して高く無いと言えます。

もちろん、一度に数万円のマットレス、敷布団を購入するのですから、十分な検討が必要です。

腰痛、肩こりにどれだけの効果があるか未知数の状態でお金をかけるわけにはいきません。

このサイトでは、比較検討する情報をまとめています。

健康マットレス、敷き布団の値段を調べてみましょう。

ただ、健康の為のアイテムであるとかんがえれば高く無いはずです。

一つのマットレス、敷布団を5年以上使い続けるなら、1年に1万円としても5万円の値段は許容範囲といった考えで臨むといいと思います。

私たちは日常生活のなかでどのようなお金の使い方をしているかを認識しておかなければ成りません。

腰痛、肩こりで苦しんでいても高いマットレス、敷布団を購入すれば、その後の生活が変わるかもしれません。

もちろん、それは十分信頼できると判断してから購入することをおすすめします。

すべてのマットレス、敷き布団がおすすめであっても効果には、人それぞれで差が出るからです。

今使っているマットレス、敷き布団とおすすめのマットレス、敷き布団を比較してみましょう。

もしも、何も変わらないと感じたならば、どちらかが間違っています。

その理由を明らかにすることが大事です。 腰痛と肩凝りで悩み続けることよりも快適な生活を選んでいきたいですね。

腰痛と肩凝りと温度調節もできるマットレス、敷布団を購入する

腰痛と肩凝りで体を横たえたり立ち上がったりすることが困難な人が少なくありません。

ただ、マットレス、敷き布団を選ぶことで睡眠時の負担を減らすことが出来るとかんがえられています。

おすすめのマットレス、敷布団なら腰痛と肩凝り改善に効果が見られるのです。

マットレス、敷き布団は綿部分の材質によって、多様な硬さを創ることができます。

腰痛、肩こりにいいマットレス、敷布団とはどのような硬さなのでしょうか。

それは高反発マットレスに代表されるマットレス、敷き布団です。

体全体を均等に支えてくれる硬さを持ちながら、通気性の良さにより汗をかくことも有りません。

又、寝返りを打つことも容易です。 腰痛、肩こりの人は仰向けではなく横向きに寝ることが多いのですが、腰の部分が沈んだ体勢に成ると痛みを感じてしまうからです。

おすすめの高反発マットレスならそのようなことも有りません。

人の健康は睡眠が大事だと言われています。

快適な睡眠を得ることで、腰痛、肩こりだけではなく日常生活も活気づくことでしょう。 もちろん、腰痛と肩凝りに限ったことでは有りません。

暑い夏、寒い冬のどちらにも対応出来るマットレスを

暑い夏、寒い冬のどちらにも対応出来るマットレス、敷布団を選ぶことをおすすめします。

高反発マットレスは腰痛と肩凝りだけの為に有るわけではありませんから、健康な人が使用しても快適な眠りとなるでしょう。

実際、どの程度の反発力があればいいのかは一人一人違います。

マットレス、敷布団は一度購入すれば、数年間は使用することでしょう。

その間の健康が決まると言っても過言ではありません。

寝具の展示場などで実際に体験してみることをおすすめします。 値段だけではなく品質をチェックしましょう。

腰痛と肩凝り用マットレス、敷き布団の使用

腰痛と肩凝りが気に成る人向けのマットレス、敷き布団が有ります。 具体的にはどのようなマットレス、敷き布団なのでしょうか。

体圧を体全体で分散させる為に考慮されたマットレス、敷布団です。 高反発マットレス、敷き布団と呼ばれていますが、単純に硬いマットレス、敷き布団とは違います。 反発力はありますが、それが均等になっている点がポイントです。

インターインターネットの通販サイトでは多様なメーカーの高反発マットレス、敷き布団が比較されています。

値段的にも安く無いですから、じっくりと選びたいものです。 これ迄長い間腰痛、肩こりに悩まされてきた人にはぜひおすすめの商品です。 又、腰痛と肩凝りは温めると痛みが和らぐ人が少なくありませんから、適度な反発力だけではなく保温性も大事です。

ウレタン、綿素材を混ぜたもの、エアロキューブ、エアーファイバー系の通気性にいいマットレスなどで反発力を高めたマットレス、敷布団は大人気です。

通気性があれば寝汗もかきにくく成ります。 もちろん、汗をかか無いのではなく、かいた汗がマットレス、敷き布団内に溜まらずに自然と発散してくれることで快適性を保つことが出来ます。

日常生活でマットレス、敷き布団を使ってい無い人はいませんから、その選択は腰痛と肩凝りだけではなく健康に大きな影響を与得るのです。 睡眠の質はマットレス、敷き布団で決まると言い切る人もいます。

快適な睡眠を手に入れることで健康的な体に成ることは間違いないでしょう。 朝起きた時の気持ちの良さは1日を元気に過ごすための基本と言得るのです。

健康の為にサプリメント等をたくさん飲んでいる人もいますが、それよりもまずはマットレス、敷き布団の利用を検討すべきです。 おすすめのマットレス、敷布団はどれか、自分の睡眠は足りているかを考えてみて下さい。

腰痛、肩こりとマットレス、敷布団の口コミ

腰痛と肩凝りの改善の為にマットレス、敷き布団に変えてみたいと思いますね。 具体的にどのようなマットレス、敷き布団に変えればいいのでしょう。

マットレス、敷布団メーカーのサイトを読むと腰痛、肩こり改善の為に多様な工夫がされていることがわかりますが、どのメーカーがいいのか判断でき無いからです。 自分で使ってみることが一番ですが、腰痛、肩こり改善のマットレス、敷布団は気軽に購入できる金額ではありません。

性能的にはおすすめでも値段でためらってしまう人もいるのです。 ずっと続く腰痛、肩こりを和らげてくれる為には、多少の出費はかまわ無いのであれば迷わず購入してみてください。

使ってみれば早速わかるでしょう。 ただ、腰痛、肩こりにも多様なタイプがあり、自分の腰痛、肩こりの原因をある程度絞り込むことが大事です。 仕事や日常生活の中に原因があるのであれば、その原因を先に取り除きましょう。 マットレス、敷き布団だけに頼るのは間違っています。

もちろん、明確な原因がわから無いケースがほとんどですからマットレス、敷き布団が注目されるのです。 腰が沈んでしまうような柔らかいマットレス、敷き布団よりも少し硬めのマットレス、敷き布団がいいと言われています。

単に硬いだけではなく、バランスよく体の重みをマットレス、敷布団全体で吸収してくれるマットレス、敷布団がおすすめです。

マットレス、敷布団選びは現代人の悩み

パソコンを開いて窓の方をぼうっと見ている女性

デスクワークの長い人は、やはり腰の弱い人が多いものです。人間不自然な姿勢が長く続くと腰や首、肩に負担がかかります。

不自然な姿勢が長く続くと腰や首、肩に負担がかかります。 寝起きに腰や肩がこわばっているような状態では、すっきりとした睡眠がとれません。 腰や骨盤が沈み混むようなマットレスであれば腰や骨盤のゆがみの影響で痛みや疲れが出てきます。

一晩ねて疲労が残っているようでは、体に合ったものとは言えないのです。 身体を包み込んでちょうどいい状態で睡眠をとることが、大切です。 カビやダニの問題でアレルギーがある人も見えます。

解決方法としては、人それぞれでなるべく自分にあったマットレスを探し求めるということになります。 疲れをためない、睡眠中にスプリングの音で眠れないといった神経質なひとも見えます。

整体に通っていて悩んでいる人も見えます。 それぞれに弾力の違いがあり、抜群の耐久性や変化に適応できると言い切れるものは、果たしてあるのかというと、何とも言えません。 万人にちょうどいマットレスというものはありません。

スポーツ選手なども愛用していてテレビCMなどもやっているものがあります。 すこしでも、腰痛や肩こりを緩和したいのだけれども、頭や首、肩にかけての実感が、予防的にちょうどいいものや、腰や骨盤のところの面のゆがみをマットレス、ベッドで予防できる製品がたくさんあります。

納得のいくものをえれびたいのですが、数日寝てみないとなんともいえないものがマットレスや敷布団というものです。 マットとしては、いろいろなものが販売されていますからどれを選んだらいいのか、迷ってしまいます。

マットレスの場合は、リバーシブルで両面使えるものが、腰の沈み込みなどの予防、長持ちにつながります。最近のものは、対外リバーシブルのものが増えていまし。

家具としても部厚目のバットレスならば、なるべく見栄えのするものがいいと思いますが、やはり腰や肩の疲れにつながるほどの柔らかさや固さは必要ありません。

安眠を手に入れるには、部屋の環境も整える必要があります。音や空調などの調節も大切です。

睡眠に関してマットレスや敷布団の重要性は、お分かりだと思いますが、このサイトでは、安眠、熟睡に関して寝具の焦点をあてて情報をまとめていきたいと思います。

 

サイト管理人家族が、実際に買って使っている寝具の体験談

マットレス「雲のやすらぎ」を買った時の体験談です。

今気に入って使っているマットレスです。

 

「雲の安らぎプレミアム」公式サイトはコチラ

 

モットンのマットレスを買った時の体験談です。

↓↓↓息子が気に入って、今、使ってます。↓↓↓

【モットン】公式サイトはコチラ

 

マットレスを買うときに調べた内容です。